著作一覧

川上 弘美 (かわかみ ひろみ)

作家
1958年東京都生れ。96年「蛇を踏む」で芥川賞。2001年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞。07年『真鶴』で芸術選奨文部科学大臣賞。15年『水声』で読売文学賞。ほかの作品に『神様』『龍宮』『ニシノユキヒコの恋と冒険』『古道具 中野商店』『どこから行っても遠い町』『七夜物語』『大きな鳥にさらわれないよう』『ぼくの死体をよろしくたのむ』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

森へ行きましょう

書籍 

森へ行きましょう

川上弘美  著

定価(本体1,700円 +税)

ISBN:978-4-532-17144-5

1966年の同じ日に生まれた、パラレルワールドに生きるふたりの女性。それぞれの人生には無数の岐路があり選択がなされる。そのとき、選んだ道のすぐそばを歩いているのは、誰なのか。

此処 彼処(ここかしこ)

書籍 

此処 彼処(ここかしこ)

川上弘美  著

定価(本体1,300円 +税)

ISBN:978-4-532-16537-6

いま最も注目を集める女性作家が「場所」について綴ったエッセイ集。浅草、居酒屋、夜明けの微睡み・・・・・・想い出の場所から喚起される浮遊感ある言葉と文体で、おかしくて、やがて、はかなきカワカミワールドに読者を誘う。