著作一覧

村井 浩紀 (むらい こうき)

1984年に日本経済新聞社入社。ヒューストン、ニューヨーク、ロンドンに駐在。経済解説部長などを経て2016年から日本経済研究センター副事務局長兼日米研究室長。訳書にスタインバーグ&オハンロン『米中衝突を避けるために』(日本経済新聞出版社、2015年、共訳)、ジョセフ・S・ナイ『アメリカの世紀は終わらない』(日本経済新聞出版社、2015年)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

THE PIVOT アメリカのアジア・シフト

米国きっての有力なアジア専門家が描く新たな対外戦略論。経済・外交・安全保障など、アジアへの旋回(ピボット)政策を重厚に描く。

アメリカの世紀は終わらない

「ソフト・パワー」はじめ画期的な理論を提示してきた「知の巨人」が説くアメリカ衰退否定論。政治、外交、軍事、経済にわたり、2030年に向けて、中国の台頭に直面する世界のパワー・バランスを明快に読み解く。

米中衝突を避けるために

アジアにおける米国と中国との大規模な軍事衝突はどうすれば回避できるのか? 米外交戦略の中枢を担った著者が両国の紛争要因、戦略、戦力、有事シナリオの分析を交え、悲劇的な事態を免れるための方策を提示する。