著作一覧

フランク,ロバート・H (ふらんく ろばーと・H)

H.J.ルイス講座教授(経営学)、コーネル大学ジョンソンスクール経済学教授。
ニューヨーク・タイムズ紙では10年以上にわたり経済コラムを執筆。著書に『ウィナー・テイク・オール――「ひとり勝ち」社会の到来』(フィリップ・J・クックとの共著)、『日常の疑問を経済学で考える』、『The Darwin Economy』、『Principles of Economics』(ベン・バーナンキとの共著)がある。ニューヨーク州イサカ在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

成功する人は偶然を味方にする

「努力や才能は報われる」というのは幻想である―勝者の共通点は何か。「幸運」な社会をつくるにはどうすればよいのか。人気経済学者が成功にまつわる誤解を暴き、偶然や運との付き合い方を指南。

日常の疑問を経済学で考える

日経ビジネス人文庫 

日常の疑問を経済学で考える

ロバート・H・フランク  著、 月沢李歌子  訳

定価(本体900円 +税)

ISBN:978-4-532-19674-5

初婚年齢が上がっているのはナゼ? 2年目のジンクスはなぜ起こる? 日常とほど遠いと思われがちな経済学のアレコレを身近な例を使い簡潔に解説。経済学入門講座の学生と著名経済学者の楽しい授業をライブ中継。

日常の疑問を経済学で考える

茶色の卵が白い卵より高いのはなぜ? 彼氏持ちのほうがモテるのはどうして? なぜホテルのミニバーは法外に高いの? どうして女性はハイヒールの苦痛に耐えるの? 学生の素朴な疑問に経済学の大家が明快解答!

ウィナー・テイク・オール

ほんの一握りの者への莫大な富の集中。所得格差の拡大は、いまや全世界的傾向となっている。この背景にある経済の情報化と新しい競争メカニズムを明らかにするとともに、その弊害を指摘する挑戦的経済書。