著作一覧

岡崎 哲ニ (おかざき てつじ)

東京大学大学院経済学研究科教授
1981年3月、東京大学経済学部経済学科卒業。1986年3月、同大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。1989年4月、東京大学経済学部助教授、1999年4月、同大学大学院経済学研究科教授。この間、スタンフォード大学経済学部客員教授(2002、2003年)、International Economic History Association(IEHA)副会長(2012‐2015年)、IEHA会長(2015年〜)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

経済史から考える

何が経済発展を導き、停滞をもたらすのか? 再び成長を実現するには何が必要なのか? 経済史の第一人者が説く歴史の教訓。

エコノミストの戦後史

戦後日本の経済発展を彩ったエコノミストたち。彼らは危機をどのように認識し、提言したのか。高度成長、石油ショック、バブル崩壊など、日本経済を襲った大事件を手がかりに戦後経済史をオーラルヒストリーで振り返る。

現代日本経済システムの源流

日本型経済システムの原型は戦時期に形成された! 日本的労使関係、メインバンク制、系列、行政指導などの「日本型」システムの源流を比較制度分析の視点から解明した画期的研究。