著作一覧

藤森 克彦 (ふじもり かつひこ)

みずほ情報総研株式会社
社会保障 藤森クラスター主席研究員
1965年長野県生まれ。92年国際基督教大学大学院行政学研究科修了、同年富士総合研究所(現みずほ情報総研)入社。社会調査部、ロンドン事務所駐在(96〜2000年)などを経て、04年より現職。11年日本福祉大学より博士(社会福祉学)の学位取得。専門分野は、社会保障政策・労働政策。主要著書に『単身急増社会の衝撃』日本経済新聞出版社、『構造改革ブレア流』阪急コミュニケーションズなどがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

単身急増社会の希望

50代男性の5人に1人、80代女性の4人に1人と急増する単身世帯。「支え合う社会」をいかに構築するかデータを元に分析。

単身急増社会の衝撃

書籍 

単身急増社会の衝撃

藤森克彦  著

定価(本体2,200円 +税)

ISBN:978-4-532-49068-3

85年789万だった日本の単身世帯は05年1446万世帯と20年間で2倍近くに急増した。今後全人口が減少しても単身世帯は増え続ける。貧困・介護・社会的孤立など単身急増社会の諸問題を考え解決策をさぐる。