著作一覧

太田 康夫 (おおた やすお)

日本経済新聞社編集委員
1982年東京大学卒業。同年日本経済新聞社入社。外報部、前橋支局、金融部を経て、90年チューリヒ(スイス)支局駐在、94年東京本社経済部、96年同次長、2003年編集委員を兼務。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

ギガマネー 巨大資金の闇

世界の富を支配するギガマネーの獲得に金融機関は鎬を削る一方、規制はますます強化されている。知られざる攻防戦を明らかにする。

戦後復興秘録

戦後復興の真の立役者は世界銀行だった! 世銀は、ずさんな計画をどのように正し、再生させたのか? 本邦初公開の資料に基づき神格化された戦後復興のベールを剥ぎ、21世紀の復興に何を活かすべきかを示す。

中国の金融システム

意外と知られていない、巨大な隣国中国の金融システム。その実態を、お金の流れから、各市場の特徴、金融政策の実態まで、実務に精通した研究者が歴史的経緯を踏まえてていねいに解説する、待望の包括的テキスト。

バーゼル敗戦 銀行規制をめぐる闘い

世界の金融活動を規定する自己資本規制。スイス・バーゼルを舞台にその制度設計をめぐって先進国は激しい攻防を繰り広げてきた……。世界金融危機後の経済を語る上で欠かせない金融規制の攻防戦を描く本邦初の書。

グローバル金融攻防三十年

飽くなき収益追求による業態、国境を越えた統合で巨大化した金融。資本主義経済に君臨したが、かつての恐竜のようにあえなく衰退の道を歩もうとしている――。この30年間の激変を克明につづるグローバル金融興亡記。

金融消滅

証券化、オフバランス取引など規制の枠を逆手に取った錬金術が暴走し20世紀型金融は終わりを告げた! 日経新聞のベテラン記者が、いまだくすぶる金融危機の本質に迫り、再規制による新しい秩序づくりの構図を解明。

地価融解

地価を復活させ、経済再生の原動力となったた不動産ファイナンスには、地価の不安定化というリスクが隠されていた! 金融と不動産を熟知したベテラン記者が、下降する地価の深層に迫る金融・不動産関係者必読書。