著作一覧

鹿毛 雄二 (かげ ゆうじ)

東京大学経済学部卒、長銀ニューヨーク信託社長、長銀投資顧問社長、UBSアセットマネジメント会長兼社長、しんきん投信社長、企業年金連合会常務理事などを経て現在、ユージン・パシフィック代表。主な訳書にチャールズ・エリス『敗者のゲーム』『キャピタル 驚異の資産運用会社』、マルキール/エリス『投資の大原則』(共訳)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

チャールズ・エリスのインデックス投資入門

ロングセラー『敗者のゲーム』の著者による、インデックス投資の入門書の決定版。最も簡単で、確実に成果の出る方法を伝授します。

キャピタル 驚異の資産運用会社

日経ビジネス人文庫 

キャピタル 驚異の資産運用会社

チャールズ・エリス  著/ 鹿毛雄二  訳

定価(本体1,200円 +税)

ISBN:978-4-532-19773-5

こんな会社にお金を預けたい! マスコミを避け、宣伝を嫌い、ひたすら長期運用に賭けるプロ集団、キャピタル・グループ。卓越した投資戦略、ユニークな組織運営など、他社とは一線を画した経営の秘密に迫る。

敗者のゲーム

全米50万部の超ロングセラー、大幅改訂! 「市場に勝つ」ことが難しくなった現在、投資で勝ち続ける方法とは何か? すべての投資家に向けたメッセージとして時代を超えて読み継がれる運用哲学のバイブル。

敗者のゲーム

運用哲学の古典として投資家に読み継がれてきた全米50万部のロングセラー。グローバルな金融危機と株価暴落で、投資の原則は変わったのか? この間の市場の激変を踏まえて、7年ぶりに大改訂した投資家待望の書。

投資の大原則

二人合わせて100年の経験を誇る投資界の「知の巨人」が書いた、世界一やさしい投資の教科書。節約・貯蓄のアイデアからリタイア後の投資作戦まで、人生を豊かにすごすお金のルールをシンプルに説くスーパーガイド。

チャールズ・エリスが選ぶ「投資の名言」

ケインズからバフェットまで、歴史に名を残す天才投資家、達人たちの名著のさわりを巧みに編集した金言集。マーケットの本性や投資家心理を鋭く突いたその文章は、折りに触れて紐解かれる座右の書となること請け合い。

イノベーターは死なず

人材もない資金もない絶望的な環境の中で、田舎の小さな写真用紙会社を世界一のコピー機メーカー・ゼロックスに育て上げたジョー・ウィルソンの評伝。波乱の人生を通してリーダーのあるべき姿を描いた傑作。

キャピタル 驚異の資産運用会社

長期投資で驚異の快進撃を続ける運用会社、キャピタルの知られざる実像を描いた話題作。卓抜な投資戦略、複数ファンドマネジャー制、長期評価を軸とする人事・報酬体系など、その成功を支える経営の秘密に迫る。

敗者のゲーム

運用哲学の基本を説いた古典中の古典といわれるロングセラーの最新版。米ITバブル崩壊以後の動きを盛り込みデータ類も一新。21世紀の長期投資のための戦略と指針を解説した注目の書。個人投資家への助言も充実。

TOP3の銀行・証券戦略

金融・サービスで成功するにはどうすればいいのか。世界の名だたる金融機関と30年に及ぶコンサル活動を誇るグリニッチ社が、勝ち組のノウハウを初公開する注目作。外為、債券からデリバティブまで最新情報を紹介。

敗者のゲーム

なぜプロは失敗するのか? インデックス運用の教祖が、短期売買や市場タイミングを狙った投資の誤りをつき、長期投資で成功するための秘訣を説いた入門書の決定版。機関投資家時代を生き抜く投資家の羅針盤!