著作一覧

加賀山 卓朗 (かがやま たくろう)

翻訳家。1962年愛媛県生まれ。1985年東京大学法学部卒業後、大手通信会社に勤務しながら、1998年より翻訳家として活動。フィクションからノンフィクションまで幅広く手がけている。 <訳 書>『最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと』、『最高の成果を生み出す 6つのステップ』(いずれも日本経済新聞出版社)、『ヒーロー・インタヴューズ』(朝日新聞出版)、『運命の日』(早川書房)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

脱「でぶスモーカー」の仕事術

正しいとわかっている戦略が、なかなか実行されない。そんな「でぶスモーカー」症候群から抜け出すにはどうすればよいか。トム・ピーターズが「プロフェッショナル・サービス企業経営の師」と仰ぐメイスターの最新作。

最高の成果を生み出す 6つのステップ

好きなこと、得意なことに日々、チャレンジできているか? あなた自身の強みを変えるのではなく、仕事のやり方を“あなたの強みが最大限に発揮できる”かたちに作り変える方法――究極のノウハウを伝授する。

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

リーダーは情熱的でなくても魅力的でなくてもいい。弁舌に長けていなくてもいい。どこを目指しているか、いま何をすべきかを示せればいい。トップクラスの人たちだけが知っている、たったひとつのことを明らかにする。

あなたのなかにあるセールスの才能

売るのが得意な人と苦手な人との違いは何か。それは、動機づけ、対人関係、仕事の進め方、顧客の問題解決といった各局面で自分の強みを発揮できているかどうかだ。あなたの中にある才能と、その活かし方を詳説する。

これが答えだ!

優れたマネジャーは、その人が何に心を動かされて行動を起こすのか、どんな局面で思いきり力を発揮できるのか知っている! 1,300万人を超える膨大なインタビュー調査から導き出された、好高業績組織の条件を詳説。