著作一覧

柳川 範之 (やながわ のりゆき)

東京大学大学院経済学研究科教授
1963年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、東京大学大学院博士課程修了(経済学博士)。慶應義塾大学経済学部専任講師を経て、現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

ブロックチェーンの未来

通貨、金融、ビジネスを一変させるといわれるブロックチェーン。その可能性と課題の全容を各分野の専門家が徹底解説。

東大柳川ゼミで経済と人生を学ぶ

日経ビジネス人文庫 

東大柳川ゼミで経済と人生を学ぶ

柳川範之  著

定価(本体750円 +税)

ISBN:978-4-532-19757-5

転職を考えるとき有効な戦略とは? 夢や目標を立てるとき、絶対に知っておくべき方法論とは―東大の名物教授・柳川先生が、日常のさまざまな悩みに役立つかたちで、経済学のエッセンスをやさしく解説。

もし営業の桜庭が、経済学を学んだら

書籍 

もし営業の桜庭が、経済学を学んだら

柳川範之  原案・監督/ 高田靖彦  作・画

定価(本体1,200円 +税)

ISBN:978-4-532-35582-1

「俺の仕事と人生、うまくいきますか・・・?」――サンクコスト、情報の非対称性、ポートフォリオ選択理論など、経済学のエッセンスをマンガで解説。意思決定力がつく10のストーリー。

決断という技術

書籍 

決断という技術

柳川範之  、 水野弘道  、 為末大  著

定価(本体1,600円 +税)

ISBN:978-4-532-31812-3

組織力を重視して、個人が強力なリーダーシップを発揮することに慣れていない日本人。世界の潮流から取り残されぬよう身につけるべき「自分で決める力」とは何かを、海外でユニークな経験と経歴を持つ三者が探求。

元気と勇気が湧いてくる経済の考え方

世の中、まんざら捨てたものではない。日常生活に経済の考え方やエッセンスを織りまぜて、どんな発想やとらえ方をすれば明るい見通しが立ち、生き方の選択肢が広がるかのヒントとアイデアを提供する軽妙な読みもの。

公開会社法を問う

書籍 

公開会社法を問う

宍戸善一  、 柳川範之  、 大崎貞和  著

定価(本体2,200円 +税)

ISBN:978-4-532-35427-5

民主党が発案した公開会社法とは何か、何故必要とされているのか? 従業員の経営参加、親子上場の規制など様々な問題をはらんでいるそのねらいと課題を、法学、経済学、市場研究者が縦横無尽に語り尽くす。

フリーコピーの経済学

IT化により様々なコンテンツのコピーがますます容易になる中、ビジネスのあり方はどう変わっていくのか。大量・迅速コピーが産業構造や市場に与える影響を、豊富な具体的事例とともに解き明かす。

法と企業行動の経済分析

書籍 

法と企業行動の経済分析

柳川範之  著

定価(本体3,800円 +税)

ISBN:978-4-532-13323-8

M&A、事業再生、職務発明等、企業活動は従来より遥かに法律と密接に関係するようになった。本書は契約理論、情報の経済学など最新の手法とケーススタディで法と経済の関係を理論・実証両面から解き明かす意欲作。