著作一覧

前田 裕之 (まえだ ひろゆき)

日本経済新聞社編集局経済解説部編集委員室編集委員
1986年東京大学経済学部卒、日本経済新聞社入社。主な著書に『激震 関西金融』『地域からの金融革命』『脱「常識」の銀行経営』『ドキュメント 銀行』、共著に『松下 復活への賭け』『アベノミクスを考える』『経済学の宇宙』(岩井克人氏の聞き手を務める)、論文に「経済危機における日本人の意識と行動」(佛教大学大学院社会学研究科修士論文)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

ドキュメント狙われた株式市場

大証vs東証vs村上ファンド―。様々な思惑が絡み合った前代未聞の取引所買収合戦。その舞台裏の全てを描く迫真のドキュメント。

経済学の宇宙

書籍 

経済学の宇宙

岩井克人  著/ 前田裕之  聞き手

定価(本体2,800円 +税)

ISBN:978-4-532-35642-2

不均衡動学、貨幣論から企業論、市民論へ―。日本を代表する経済学者が、誰にどのような影響を受け、新たな理論に踏み出していったのかを、縦横無尽に語る。知の巨人のアタマの中が、手に取るようにわかる一冊。

脱「常識」の銀行経営

金融界の常識を破る商品開発や店舗展開で、年率10%以上融資を伸ばし、収益面でも全国屈指の存在となった関西アーバン銀行。崖っぷちからの再生と急成長の軌跡を、伊藤頭取のユニークな戦略と具体的な施策で明らかに。

激震 関西金融

書籍 

激震 関西金融
―危機は封じ込められたのか―

前田裕之  著

定価(本体1,400円 +税)

ISBN:978-4-532-14911-6

品切重版未定

90年代の金融破たん、再編の実験場となった関西。金融当局は何を間違えたのか。危機は再来するのか。ペイオフ解禁を控えた経営現場の実情や危機の背景にある地方経済の構造問題にも迫る。