著作一覧

日本経済研究センター  (にほんけいざいけんきゅうせんたー )


  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

激論 マイナス金利政策

激しい議論を巻き起こしている日銀のマイナス金利政策。その功罪は? 第一級の研究者、政策担当者らが効果と問題点を徹底議論。

マイナス金利政策 

「史上最強の金融政策」として打ち出されたマイナス金利政策。そのメカニズム、効果と問題点を理論・実証両面から徹底分析する。

解剖 北朝鮮リスク

想定外の核実験、36年ぶりの党大会―。新たな動きを見せる北朝鮮のリスクを、内外の第一人者が集結し、最新情報に基づいて分析。

激流アジアマネー

発展著しいアジアのマネー・資本市場の現状と課題を、専門家がアジア地域でビジネスを展開する企業・ビジネスパーソン向けに平易に解説した決定版。高齢化、証券化、債券市場から中国・イスラム金融まで幅広く網羅。

人口回復

人口回復は日本経済を再生させ、再び軌道に乗せる起爆剤。その具体策を示すのが本書。日本が2050年も経済一流国でありつづけるために打破すべき4つの壁の壊し方を、精緻なシミュレーションにもとづいて提言。

量的・質的金融緩和

アベノミクス第一の矢は日本経済の復活にどれほどの効果をもたらすか? 大胆な“異次元緩和”の効果とリスクをデータから丹念に分析し、今後を展望。英フィナンシャル・タイムズ紙もこの分析結果に注目した話題作。

インドvs.中国

インドは世界の市場となった中国に追いつくことは可能なのか? 中国にはないインドの強みとは? 日本はどうつきあうべきか? 両国経済を比較し、インドが経済大国になるための条件を解明するユニークな解説書。

インド 成長ビジネス地図

中国に続いて新たな世界の市場になろうとしているインド。牽引車であるIT産業、自動車産業から日用品ビジネスまで日本企業の有力な進出先、パートナーとなるインド企業の的確な情報を提供する成長ビジネス地図。

経済・ビジネス基本用語4000語辞典

日本経済新聞に頻出するキーワード4000語を分かりやすく、コンパクトに解説した経済・ビジネス用語辞典の決定版。就活学生やNIKKEIテスト受験者の参考図書としても最適。A5判・2色刷で見やすいレイアウト。

アジア太平洋巨大市場戦略

APEC(アジア太平洋協力会議)が発足して今年で20年。米国と協調しつつ巨大市場を攻略し、存在感が高まる中国と互していくためには、APECの活用は日本の最重要課題だ。包括的な対外経済戦略を提示する。

女性が変える日本経済

人口減少下で女性の力を活用することは極めて有効だ。また、女性の参加度合の高い企業はパフォーマンスが良い。女性の経済行動や企業内での役割の変化を客観的データをもとに追跡、女性力倍増の方策を探る。

日本経済 グローバル競争力の再生

競争力を取り戻すため経済構造を大胆に転換し、生産性を向上させることが日本の喫緊の課題だ。成長を阻むヒト・モノ・カネのいびつな構造を、第一線の研究者が最先端の実証分析で解明。改革の政策提言をする。

日本企業の東アジア戦略

世界の成長センターである東アジアへの日本企業の進出戦略は果たして成功しているのか? 人事、生産、資産運用など各分野の生産性を包括かつ精緻な国際比較に基づく分析で検証し、課題を明らかにする定量的分析。

超長期予測 老いるアジア

世界の成長センターであったはずの東アジアが、人口激減により失速する! その衝撃は、世界と日本の経済にどのような事態をもたらすのか? 2050年のアジアと世界を人口変動の切り口で大胆に予測する衝撃の書。

検証 日本の敵対的買収

企業再編を効率的に進め、付加価値の高い活動に資源の再配分をはかるためにM&Aは欠かせない! 王子製紙の北越製紙に対する敵対的TOBを多角的に検証し、なぜ日本のM&A市場が機能しないのかを徹底分析。

中国の経済構造改革

格差拡大、資源浪費、環境破壊、重大事故多発――。成長一辺倒の行き方がもたらした内外の深刻な歪みを総点検。高度成長期の日本の経験を生かした転換策を、日中の専門家が具体的に提言する。

図説 団塊マーケット

2007年から団塊の世代の退場が始まる。彼らの所得、消費、資産選択の特徴は? 退場後、生活時間の配分、将来の収入の確保、消費と資産選択において、どのような意思決定をし、影響が生じるかを独自データで解明。

日本企業 競争優位の条件

日本企業を新しい成長軌道に乗せるには何が必要か? 企業パフォーマンスの実証分析や、労働市場、商法・会計基準などの制度分析をもとに、国際競争力を高める条件を探る。執筆陣は第一線のエコノミストやジャーナリスト。

中国ビジネスこれから10年

日本の最大の貿易相手国となった中国。その動向は日本の景気を左右する。これから10年の中国企業の環境、電子機器、鉄鋼、自動車、石油化学、物流、金融などの動きを標準・強気・弱気の3つのシナリオで徹底予測。

大解説 中国経済

成長し続ける巨大経済中国。その動向は日本の景気も左右しかねない。本書は、中国経済の多様な課題を包括的に描く最新の入門書。エネルギー問題からビジネスリスク、法制度改革まで知られざる実態を多角的に解説。