第2回「日経小説大賞」・「日経中編小説賞」最終候補作

第2回「日経小説大賞」・「日経中編小説賞」TOP

第2回「日経小説大賞」

第2回日経小説大賞は、総数249編のご応募をいただきました。
厳正な審査の結果、以下の作品が予備選考を通過し最終候補作となりました。
本選考の結果は10月の日本経済新聞朝刊で発表されます。

  • 「銀二貫」川富士立夏(兵庫県、49歳)
  • 「松林図屏風」萩耿介(東京都、46歳)
  • 「遥かなる王国」芦崎笙(東京都、47歳)
  • 「百年のアルマンド」梶村啓二(東京都、49歳)
  • 「ラプンツェル・サラダ」牛山喜美子(神奈川県、53歳)
選考委員:
津本陽、阿刀田高、辻原登蘯のぶ子(以上、作家)
川村湊、縄田一男(以上、文芸評論家)

「日経中編小説賞」

日経中編小説賞は、総数169編のご応募をいただきました。
厳正な審査の結果、以下の作品が予備選考を通過し最終候補作となりました。
本選考の結果は10月の日本経済新聞朝刊で発表されます。

  • 「強い犬は吠えない」廣瀬とり(東京都、33歳)
  • 「デュー・デリジェンス」夏川十和(石川県、35歳)
  • 「百年より長い1日」橘彼方(群馬県、29歳)
  • 「フロンティア、ナウ」野崎雅人(兵庫県、38歳)
  • 「水窓」三国美千子(三重県、29歳)
選考委員:
高橋源一郎、唯川恵(以上、作家)、茂木健一郎(脳科学者)