詳細検索

お探しの刊行物を検索できます。キーワード・書籍名・著者名などを入力して検索ボタンを押してください。
複数の項目に入力することにより、絞り込み検索ができます。

タイトル:
著者名:
*著者・編者・訳者・監修者など
キーワード:
ISBN:
978-4-532- -x
※5桁の数字を入力してください。
商品種別:
発行年月日:
西暦

検索条件【日経プレミアシリーズ】【経済・金融】で検索した結果、55件見つかりました。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

昔話の戦略思考

日経プレミアシリーズ 

昔話の戦略思考

梶井厚志  著

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26343-0

物語の裏に「戦略」あり。経済学的に大胆に読み解く。定評のある著者が解説します。「桃太郎が圧勝したわけとは?」「浦島太郎は幸か不幸か?」など、興味深い視点が満載。

不動産格差

日経プレミアシリーズ 

不動産格差

長嶋修  著

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26340-9

不動産市場に迫る格差の波。あなたのマイホーム、実家は大丈夫? 9割が下がり続ける時代の、不動産との付き合い方を教えます。

トランプ政権で日本経済はこうなる

日経プレミアシリーズ 

トランプ政権で日本経済はこうなる

熊谷亮丸  、 大和総研  編著

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26333-1

公約は実現されるか? 逆風の産業、追い風の産業は? ドル高・円安はいつまで? 日米駐在のトップエコノミストによる緊急書き下ろし。

英EU離脱の衝撃

日経プレミアシリーズ 

英EU離脱の衝撃

菅野幹雄  著

定価(本体890円 +税)

ISBN:978-4-532-26321-8

世紀の誤断か、英断か? まさかの意思決定が世界経済を翻弄する! 前代未聞の事態の背景と影響を欧州を熟知した日経記者が解明。

世界経済 まさかの時代

日経プレミアシリーズ 

世界経済 まさかの時代

滝田洋一  著

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26322-5

英EU離脱、尖閣、ヘリマネ、トランプ人気―。想定外の事態が次々と起こる世界を、日経編集委員が読み解く。『世界経済大乱』第2弾。

世界経済大乱

日経プレミアシリーズ 

世界経済大乱

滝田洋一  著

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26303-4

世界同時株安、円高、原油急落、マイナス金利――。マーケットの動揺は何を示しているのか? 次に何が起きるのか?

中国バブル崩壊

日経プレミアシリーズ 

中国バブル崩壊

日本経済新聞社  編

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26293-8

緊急出版! 株高頼みの経済成長は、ついにその限界を露呈する。バブル崩壊が現実のものになったとき、日本は、世界はどうなるのか。「Xデー」へのシナリオを、中国と日本の取材記者が総力を挙げて描き出す!

経済学のセンスを磨く

日経プレミアシリーズ 

経済学のセンスを磨く

大竹文雄  著

定価(本体890円 +税)

ISBN:978-4-532-26274-7

軽減税率は高額所得者への優遇政策、レタスの価格が原価割れすると出荷しないという農家の選択は間違い。常識に反しているように見える話も、“経済学の考え方”を交えて読み解けば、納得できる! 普段の私たちの行動が経済合理性からどれだけズレているかを知ることで、経済学のセンスを身につける。

日本を救ったリフレ派経済学

日経プレミアシリーズ 

日本を救ったリフレ派経済学

原田泰  著

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26270-9

大胆な金融緩和で劇的に回復した日本経済。だが、「現実」を疑う人々が俗説を流し、国民の不安を煽り続ける。アベノミクスに効果はあったのか。リフレ派の代表的論者が経済の現状と今後を実証的に解説する希望の書。

日本経済を変えた戦後67の転機

日経プレミアシリーズ 

日本経済を変えた戦後67の転機

日本経済新聞社  編

定価(本体900円 +税)

ISBN:978-4-532-26234-1

財閥解体、石油ショック、バブル崩壊、金融危機――。戦後の様々な経済事件は、今日の日本にどのような影響を与えているのか? 日本経済新聞社のベテラン記者が今日の視点から再点検し、何を活かすべきかを問う。

スマホは人気で買うな!

ビール500ml 缶が350ml 缶より安く売っている店があるのはなぜ? 学習塾がなぜ無料の夏期講習をするの? 儲かっているコンビニオーナーの一番の心配事は? モノの値段など身近なクイズで経済学思考が身につく。

円安シナリオの落とし穴

日経プレミアシリーズ 

円安シナリオの落とし穴

池田雄之輔  著

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26226-6

異次元緩和、日本の財政赤字、米金利の上昇―円安に進むのは確実に見える。にもかかわらず、なぜ円安は進まないのか? 円の急騰急落の背景は? 為替市場の実態、ヘッジファンドなどプロの手の内を明かす必読の一冊。

北朝鮮経済のカラクリ

日経プレミアシリーズ 

北朝鮮経済のカラクリ

山口真典  著

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26222-8

なぜ餓死者が出るほど経済が窮しているのに体制が崩壊しないのか。金正恩はそれを継続できるのか。激しい貧富の格差にもかかわらず反乱も起きない謎に満ちた政治経済システムの真実に日経新聞前ソウル支局長が迫る。

統計データが語る 日本人の大きな誤解

日経プレミアシリーズ 

統計データが語る 日本人の大きな誤解

本川裕  著

定価(本体890円 +税)

ISBN:978-4-532-26223-5

日本は貧困と格差が拡大、自殺が増加し、高ストレス社会。日本人は食の品質に厳しい等々―流布される通説の誤りを統計データ分析のプロが検証し、日本社会の隠された真実を解き明かす。

初歩からの世界経済

日経プレミアシリーズ 

初歩からの世界経済

日本経済新聞社  編

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26216-7

世界を変える「シェール革命」の真相は?中国の「隠れ借金」とは?「クール・ウォー」とは何か――現代世界を理解するため「これだけは知っておきたい」論点や重要キーワード、地域ごとの基礎知識を国際部の記者がやさしく解説。

日本経済論の罪と罰

日経プレミアシリーズ 

日本経済論の罪と罰

小峰隆夫  著

定価(本体850円 +税)

ISBN:978-4-532-26211-2

脱成長論、日本的雇用慣行、反TPP―。俗説に惑わされ、日本は経済再生のための貴重な時間を無駄に費やし、迷走している。正統派エコノミストが俗論にとどめを刺し、正しい処方箋を示すタイムリーな日本経済論。

金融依存の経済はどこへ向かうのか

リーマンショックや欧州危機などにより、「金融資本主義」が批判を浴びた。金融は、実体経済とどう関係し、どう影響するのか。一級の研究者らの分析により、金融政策が大きな注目を集める日本に示唆を与える一冊。

日経プレミアPLUS VOL.7

日経プレミアシリーズ 

日経プレミアPLUS VOL.7
―日本経済の行方―

日本経済新聞出版社  編

定価(本体695円 +税)

ISBN:978-4-532-26507-6

品切重版未定

アベノミクスは日本の未来をどう変えるか? 現政権の経済政策と日本のゆくえについて、飯田泰之氏、小幡績氏、佐々木融氏など多彩な論者が語り下ろす。

経済学の忘れもの

日経プレミアシリーズ 

経済学の忘れもの

竹内宏  著

定価(本体890円 +税)

ISBN:978-4-532-26187-0

欧州の混乱、中国の困惑、日本の低迷――宗教と民族・歴史の理解なしには経済を読み解くことはできない。世界各地を自分の足で歩いてきた「路地裏のエコノミスト」が独自視点で語る国際経済を読むもう一つの視点。

中国台頭の終焉

日経プレミアシリーズ 

中国台頭の終焉

津上俊哉  著

定価(本体890円 +税)

ISBN:978-4-532-26184-9

中国がGDPで米国を追い抜くことはできない、「チャイナ・アズ・ナンバーワン」は幻に終わる可能性が高い? 短期、中期、長期の観点からその理由を明らかにし、東アジアの不透明感の高まりを警告。