詳細検索

お探しの刊行物を検索できます。キーワード・書籍名・著者名などを入力して検索ボタンを押してください。
複数の項目に入力することにより、絞り込み検索ができます。

タイトル:
著者名:
*著者・編者・訳者・監修者など
キーワード:
ISBN:
978-4-532- -x
※5桁の数字を入力してください。
商品種別:
発行年月日:
西暦

検索条件【書籍】【政治・社会】で検索した結果、209件見つかりました。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

検証 働き方改革

書籍 

検証 働き方改革

日本経済新聞社  編

定価(本体1,500円 +税)

ISBN:978-4-532-32171-0

未刊

いよいよ対応を迫られる「働き方改革」。企業の現場、経営者、人事担当、法制度関係者などへの幅広い取材をもとに最前線を追う。

提言 日米同盟を組み直す

トランプ政権、中国台頭、北朝鮮の脅威―。日本の安全保障はどのように維持すべきかを、第一人者が集結して大胆に提案。

エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ

エネルギー問題に関心がある層に向け、専門情報をコンパクトにまとめ、技術動向、事業者・利用者の変化とその要因が早わかり。

中国バブルはなぜつぶれないのか

中国のバブルは、政府に保証されているからこそつぶれない―中国の先端ファイナンス研究者が解き明かす中国経済の真の実態。

「西洋」の終わり

ポピュリズム、孤立主義、ナショナリズムは何を壊すか。世界を繁栄させた自由民主主義の終わりの始まりを著名ジャーナリストが警告!

朝鮮半島 地政学クライシス

地政学リスクに満ちた朝鮮半島。その将来をケント・カルダー氏をはじめとするベストメンバーが最新状況を踏まえて分析する決定版。

香港

書籍 

香港
―返還20年の相克―

遊川和郎  著

定価(本体1,800円 +税)

ISBN:978-4-532-35733-7

中国への返還から20年、否応なしに本土との一体化が進む香港。元植民地に対する本土の視線、理想と現実の隔絶から将来を見通す。

自壊の病理

◆『失敗の本質』著者が迫る暴走の真実
「東條英機は独裁者だったのか」「なぜ近衛声明を出してしまったのか」「大正期に肩身が狭かったはずの軍人がなぜ政治化したのか」――。日本を敗戦に導いたエリート集団の失敗のメカニズムを、史実に基づいて歴史家が解明する。

池上彰の 世界はどこに向かうのか

爐△蠧世覆き瓩呂覆叱充造里發里砲覆辰燭里。――「不確実」の世界を自分の頭で生き抜くために、池上彰から若者へのメッセージ。

緊急出版!日経大予測 2017年度、動乱の世界情勢を読む

トランプリスク、朴槿恵大統領罷免、広がるポピュリズム……動乱が続く世界の今と、日本の未来を読み解く! 全編・新規書き下ろし。

日本の医療と介護

日本の医療制度や病院経営、医療・介護に精通した第一人者が、歴史的経緯や構造から問題の真因を探り、持続性のある改革を提言。

サボる政治

国会審議ばかりで余力がない閣僚、矛盾だらけの憲法、「係長」以下の政治家……。先送りの政治を変えなければ、日本が衰退しかねない!

単身急増社会の希望

50代男性の5人に1人、80代女性の4人に1人と急増する単身世帯。「支え合う社会」をいかに構築するかデータを元に分析。

THE PIVOT アメリカのアジア・シフト

米国きっての有力なアジア専門家が描く新たな対外戦略論。経済・外交・安全保障など、アジアへの旋回(ピボット)政策を重厚に描く。

政治が危ない

書籍 

政治が危ない

御厨貴  、 芹川洋一  著

定価(本体1,600円 +税)

ISBN:978-4-532-17610-5

安倍一強、憲法改正、天皇生前退位……。日本政治が直面する「大問題」を、政治学の泰斗とジャーナリストが舌鋒鋭く語り尽くす。

中国共産党 闇の中の決戦

書籍 

中国共産党 闇の中の決戦

中澤克二  著

定価(本体1,600円 +税)

ISBN:978-4-532-17606-8

習近平の権力闘争は怒濤のラウンドへ。天津大爆発、南シナ海の不穏、パナマ文書の衝撃など、体制を揺らす事態の真相に鋭く迫る。

宗教・地政学から読むロシア

宗教こそ、プーチン・ロシアを読み解く鍵だ。ロシア分析の第一人者が、歴史と文明の観点からロシアと世界秩序の行方を展望する。

乱流 米中日安全保障三国志

中国の太平洋分割提案、米戦略家を激怒させた予想図、関東軍化する人民解放軍―。これから十年の米中日のパワーゲームを読み解く。

民主党のアメリカ 共和党のアメリカ

今アメリカで何が起きているのか? トランプ候補はどれだけ異質なのか? 歴史・価値観・カルチャーから両党を徹底比較。

「核なき世界」の終着点

オバマ大統領はなぜ平和戦略の総決算として広島訪問を選んだのか? 広島訪問スクープ記者が秘話から読み解く日米関係の深層。