詳細検索

お探しの刊行物を検索できます。キーワード・書籍名・著者名などを入力して検索ボタンを押してください。
複数の項目に入力することにより、絞り込み検索ができます。

タイトル:
著者名:
*著者・編者・訳者・監修者など
キーワード:
ISBN:
978-4-532- -x
※5桁の数字を入力してください。
商品種別:
発行年月日:
西暦

検索条件【F 経済学・経営学】で検索した結果、58件見つかりました。

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

コーポレートファイナンス入門

「資本コスト」や「現在価値」といった重要キーワードをわかりやすく解説。説明の順番、コンパクトさで最高の入門書の待望の最新版。

企業変革の名著を読む

日経文庫 

企業変革の名著を読む

日本経済新聞社  編

定価(本体1,080円 +税)

ISBN:978-4-532-11366-7

コッター、センゲの主著をはじめ、企業・組織変革の名著を、楠木建・入山章栄氏らMBA人気講師や一流コンサルタントたちが解説。

戦略的コーポレートファイナンス

日経文庫 

戦略的コーポレートファイナンス

中野誠  著

定価(本体1,000円 +税)

ISBN:978-4-532-11361-2

企業の意思決定ツールとして有効なコーポレート・ファイナンス。配当政策や世界展開、M&Aなど経営戦略に活かす具体的方法を解説。

日本のマネジメントの名著を読む

『失敗の本質』『経営戦略の論理』をはじめ日本の代表的経営書のポイントを、一流コンサルタントやビジネススクール教授たちが解説。

カリスマ経営者の名著を読む

日経文庫 

カリスマ経営者の名著を読む

高野研一  著

定価(本体1,000円 +税)

ISBN:978-4-532-11358-2

松下幸之助、本田宗一郎、稲盛和夫、柳井正、カルロス・ゴーンほか、名経営者たちの自著全10冊のエッセンスを紹介します。

戦略・マーケティングの名著を読む

ポーターやコトラーといった大御所から、『良い戦略 悪い戦略』のルメルト、行動観察や行動経済学の知見をマーケティングに活かした話題の書まで、MBAの人気経営学者と一流コンサルタントたちが座右の書を紹介。

リーダーシップの名著を読む

『人を動かす』などの古典や、『EQ』など世界的ベストセラー、貧乏球団を常勝チームに変えた敏腕GMの物語まで、リーダー、マネジャーなら知っておきたい名著のエッセンスを、第一線コンサルタントたちが解説。

はじめての企業価値評価

日経文庫 

はじめての企業価値評価

砂川伸幸  、 笠原真人  著

定価(本体1,000円 +税)

ISBN:978-4-532-11325-4

強力なビジネスツールとして定着し、活用分野が広がっている企業価値評価。事業が生み出すキャッシュフローと、リスクとコストをいかに分析するかを、具体例をまじえながらわかりやすく解説。

マネジメントの名著を読む

日経文庫 

マネジメントの名著を読む

日本経済新聞社  編

定価(本体1,000円 +税)

ISBN:978-4-532-11328-5

ドラッカー『マネジメント』、クリステンセン『イノベーションのジレンマ』など、ビジネス教養として知っておきたい名著のエッセンスと最新ケーススタディを、MBAの人気経営学者や、第一線コンサルタントたちが解説。

競争戦略

日経文庫 

競争戦略

加藤俊彦  著

定価(本体860円 +税)

ISBN:978-4-532-11319-3

新たな事業領域でビジネスモデルをどのように組み立てるか、自社のパワーを上昇させて取引相手のパワーをいかに削減していくか―。競争戦略は経営戦略の要。個別事業で勝ち抜くための考え方を体系的に解説する。

身近な疑問が解ける経済学

第一線で活躍している経済学者たちが、身近な疑問を切り口に「ゲーム理論」「行動経済学」「リスクと期待」といった理論のエッセンスをコンパクトに解説。読めば経済学的な物の見方が身につく、入門書の入門書。

仕事に役立つ経営学

日経文庫 

仕事に役立つ経営学

日本経済新聞社  編

定価(本体860円 +税)

ISBN:978-4-532-11314-8

戦略イノベーション、ダイバーシティ、組織開発、技術マネジメントなど、企業の現場でも注目されている最新の経営学トピックを、楠木建・一橋大教授ら気鋭の研究者がやさしく解説。仕事に活かせる考え方が身につく!

行動経済学入門

日経文庫 

行動経済学入門

多田洋介  著

定価(本体920円 +税)

ISBN:978-4-532-11315-5

間違いも起こせば、感情にも流される、より現実味のある存在として人間をとらえることで、経済学の新分野として注目されてきた行動経済学。最もバランスがとれた入門書として定評があった単行本を待望の文庫化。

ベンチャー企業

ベンチャーブームが再来。経営や技術の高度化、MBA や博士号ホルダーたちの参入、ソーシャルビジネスやクラウドファンディング、官民ファンドの相次ぐ設立など、第一人者が最新動向まで解説。

経営学入門[下]

日経文庫 

経営学入門[下] 〈第2版〉

榊原清則  著

定価(本体830円 +税)

ISBN:978-4-532-11283-7

日本企業の戦略と課題が明快に分かるテキストとして高く評価されているロングセラーを大幅改訂。事例、コラムを大幅に刷新し、イノベーション戦略の章も新設。21世紀の経営課題を的確に解説する現代マネジメント入門。

経営学入門[上]

日経文庫 

経営学入門[上] 〈第2版〉

榊原清則  著

定価(本体860円 +税)

ISBN:978-4-532-11282-0

戦略論と組織論をバランスよく解説し、多くの読者から高く評価されてきた経営学の基本テキストを改訂。読者の要望に応え、スタッフのライン化等のトピックスも加え、コラムも見直し、より使いやすくなった。

日本の雇用と労働法

日経文庫 

日本の雇用と労働法

濱口桂一郎  著

定価(本体1,000円 +税)

ISBN:978-4-532-11248-6

日本型雇用の特徴や、労働法制とその運用の実態、労使関係や非正規労働者の問題など、人事・労務関連を中心に、働くすべての人が知っておきたい知識を解説。過去の経緯、実態、これからの課題をバランスよく説明。

経済思想

市場主義からの揺り戻しで、経済学はどこに向かおうとしているのか? 経済の発見から説き起こし、スミス、ケインズなど巨人たちの軌跡を追ううちに、現実経済のとらえ方が身につくロングセラーテキストの改訂版。

経営史

過去を知らずして未来は語れない。日米英を中心に19世紀初頭以来、現代に至るまでの経営システムの変遷を長期的視点から概観。行き過ぎた金融資本主義への反省や経済グローバル化の進展などを加筆し、新版化。

日本の経営者

日経文庫 

日本の経営者

日本経済新聞社  編

定価(本体860円 +税)

ISBN:978-4-532-11208-0

岩崎弥太郎から盛田昭夫まで明治・大正・昭和の日本を代表する経営者14人の評伝集。成功の礎となった企業家精神・経営倫理・人間的魅力を探る。野中郁次郎、猪木武徳、堺屋太一ら第一級の研究者、作家が筆を競う。