日経プレミアシリーズ 日経プレミアシリーズは毎月10日頃の発売です

日経文庫とは

第一級の著者が、最新の知識を、やさしく、コンパクトに、しかも低価格で提供し、ビジネスパースンをサポート。新書サイズの日経文庫のほか、基本の基本を解説したベーシック版、キーワードを図解したビジュアル版、人気アナリストによる業界研究シリーズなど、300以上のタイトルをそろえ、読者の幅広いニー ズにお応えします。

韓国の憂鬱

峯岸博  著

定価(本体850円 +税)

今そこにあるバブル

滝田洋一  著

定価(本体850円 +税)

編集部より

バックナンバー

夏の暑さも真っ盛りですね。長期休暇を控えて浮き立つような日々を過ごしている方もいるのではないでしょうか。8月のプレミアシリーズは帰省や旅行のおともにもぴったりな4冊のラインナップです。

1冊目は、『今そこにあるバブル』。「バブル本」ブームの昨今ですが、本作は過去のバブルの回顧本ではなく、まさに今おきているバブル現象を滝田洋一編集委員が読み解く1冊。不動産投資に向かう節税マネー、訪日客人気で過熱する大阪ミナミの地価、半年で3倍になったビットコイン相場――不動産から、ドットコム銘柄、AIまで、新たな現象を紹介します。

2冊目は『韓国の憂鬱』。政教癒着、格差拡大、広がる韓国社会の亀裂を、はたして新政権は修復できるのか? 日経ソウル支局長が韓国の闇に迫るレポートです。韓国の構造問題を、朴槿恵大統領弾劾から文在寅新政権始動までのドキュメントをまじえつつ、解明します。

3冊目は『他人をバカにしたがる男たち』。駅やコンビニで暴君になる、肩書きや学歴で人を見る、「前例がない」が切り札、人事の話が大好物・・・・女性の中でも進む現代人の「ジジイ化」を健康社会学者・河合薫さんが紹介します。あるあるエピソードだけでなく、中年期の会社員をおそうキャリアの危機や老害の正体について、エビデンスをもとに分析する痛快な読み心地の1冊。

4冊目は『これさえなくせば90が切れる!! スコアメイクのお約束』。スイングミス、クラブ選択ミス、戦略ミス・・・・・アマチュアゴルファーにありがちな失敗をリカバリーするゴルフ術を解説します。「屋根裏のプロゴルファー」として知られる著者によるミス撲滅のための1冊です。