日経プレミアシリーズ 日経プレミアシリーズは毎月10日頃の発売です

日経文庫とは

第一級の著者が、最新の知識を、やさしく、コンパクトに、しかも低価格で提供し、ビジネスパースンをサポート。新書サイズの日経文庫のほか、基本の基本を解説したベーシック版、キーワードを図解したビジュアル版、人気アナリストによる業界研究シリーズなど、300以上のタイトルをそろえ、読者の幅広いニー ズにお応えします。

昔話の戦略思考

梶井厚志  著

定価(本体850円 +税)

相続の日本史

安藤優一郎  著

定価(本体850円 +税)

編集部より

バックナンバー

早いもので今年も折り返し地点。関東は梅雨入りしたようですね。 すっきりしない天気の休日は、家でゆっくりと読書などいかがでしょう。 6月のプレミアシリーズは3冊のラインナップです。 

1冊目は『相続の日本史』。鎌倉将軍家と執権北条氏の争い、女将軍家の台頭、徳川将軍家と 御三家・御三卿の争い・・・・・・日本の歴史を振り返ると、歴史を動かし変化させてきたのは他ならぬ 「相続争い」だった――歴史研究者として定評ある著者が、古代から江戸時代まで、権力の基盤と 相続争いをキーワードに、この国の歴史を読み解きます。

2冊目は『昔話の戦略思考』。『昔話の戦略思考』。竹取物語、浦島太郎、こぶとりじいさんといった誰もが知る昔話、 そして、持参金、百年目、千両みかん、井戸の茶碗といった落語を、京都大学教授が経済学的な 視点から読み解く1冊。「桃太郎が圧勝した理由」「かぐや姫の断り戦略」など、昔話、落語に 秘められた「戦略」を解き明かします。

3冊目は『飛距離が10歳若返る! 8つの飛ばし術』。 人気シリーズ『普通のサラリーマンが2年でシングル』の著者であり、自らも長い会社員生活を 経てゴルフライターとなった山口氏が、飛距離不足に悩むアマチュアに向けて、10年前の飛距離 を取り戻す8つの秘訣を伝授します。