ムック

  • 表示順
  • 昇順・降順
  • 表示件数
  • 再表示

書斎のゴルフ vol.15

プロやシングルプレーヤーと、アベレージゴルファーとで一番大きな差が出るのが、アプローチやパッティングなどショートゲームの巧拙。今号ではグリーンを外してもパーを拾い続ける、達人たちの寄せとパットを大特集!

ゴルフは人生を教えてくれる

日本に「モダンゴルフ」ブームを巻き起こした陳清波プロ、「那須の小天狗」と呼ばれ小技が絶妙だった小針春芳プロ。日本のプロゴルフ界の基礎を作ってきた先達たちのゴルフ人生から、ゴルフの楽しさ、奥深さを知る。

書斎のゴルフ vol.14

飛距離が欲しくてマン振りすると、逆に曲がってスコアを崩すのがゴルフ。上級者はゆったり振って真芯でボールをとらえ、効率よく飛ばしている。今号は、自己最長飛距離を獲得する「大人の飛ばし」を考える。

書斎のゴルフ vol.13

会心のドライバーショットの後にセカンドがOB、ボールを上げようとして池ポチャ、1メートルのパーパットを打ちすぎてダボに―。今回はドライバーからパターまで、悲惨なミスショットを無くす方法を大特集。

久富ゴルフ・レッスンドリル

トッププロの技を真似れば真似るほど、あなたのゴルフは崩れていく! アマチュアレッスン界の“カリスマ”が35年間の実践を通じて完成させた「コンスタントに100切りできる基礎と練習法」をビジュアルに公開。

書斎のゴルフ vol.12

何年やっても90が切れない―そんな残念なゴルファーの思考法を徹底解明! スコアメイクの鍵は自分の技量を把握し、それに見合ったコースマネジメントを行うこと。今田竜二、倉本昌弘などトッププロが賢いラウンド術を伝授。

書斎のゴルフ vol.11

「1mに寄る、1mが入る」 これだけできれば確実に 10打は縮まる、アプローチ&パットの大特集。石川遼、倉本昌弘などアプローチとパットに長けるプロの技術論や、トップアマの練習法、寄せワンウエッジを紹介する。

書斎のゴルフ vol.10

VOL.10の大特集は「50歳からの飛ばし術」。飛ばしの理屈、考える飛ばしなど、飛ばせる本当のスイング術、心の持ちようと言ったメンタル術などをたっぷり特集します。また飛ばせるドライバーも詳しく紹介します。

書斎のゴルフ vol.9

教養ゴルフ誌の新創刊2周年記念号。今後の大特集は「脳に汗をかかせるゴルフ術」。18ホールすべてで外的・内的環境に対応し、頭の中で様々なシミュレーションをしてベストスコアを出す方法を解説します。

湯原信光「いいゴルファーになるための法則」

球聖とうたわれた伝説のアマチュアゴルファー・中部銀次郎氏が自分の後継者と目していた湯原信光プロ。あくまで美しいショットを追求し、純粋なプレーを貫く湯原プロの真髄を徹底解剖する一冊。

書斎のゴルフ vol.8

好評の教養ゴルフ誌の新装8号目。今号ではスコアアップの鍵「スイング」を特集。倉本昌弘の「自分の一番いいスイングをしよう!」や、還暦を迎えても鋭いスイングを披露するトム・ワトソンなど本当のスイング論を特集します。

書斎のゴルフ vol.7

11周年を迎えた伝統あるゴルフ誌の新装7号目。今号ではゴルファーにとって、スコアアップの鍵となるアプローチとパットを特集。池田勇太、倉本昌弘、横田真一らのプロから寄せとパットの極意を伝授してもらう。

杉原輝雄「ゴルフ上達 100の言葉」

病魔と戦いながらも練習を欠かさず、様々なトレーニング法を取り入れ、新しい道具を導入し現役にこだわり続ける「ゴルフ界のドン」杉原輝雄プロのまるごと一冊特集。

書斎のゴルフ vol.6

11周年を迎えた伝統あるゴルフ誌の新装6号目。今号では永遠のテーマ“飛ばし”を特集。コツやテクニック、メカニズムなど飛ばしに関する多角的な解説で、ゴルファーたちの飛距離を「プラス50ヤード」に導く。

中部銀次郎「悟りのゴルフ」

偉大なるアマチュアゴルファー・中部銀次郎氏のレッスン論とその教えを中心に構成。本誌連載や既刊書でもお馴染みの氏は独自の理論とプレースタイルに定評があり故人となって月日がたつ今なおその人気は不動である。

書斎のゴルフ vol.5

伝統あるゴルフ誌の新装5号目。創刊11周年をむかえる今号では“スコアメイク術”を特集。アベレージを90台から何とかして80台にしたいと願っているゴルファーたちにむけ、ボギーをパーにする法則を伝授します。

倉本昌弘「スコアメイクの真実」

好調なゴルフ誌『書斎のゴルフ』の別冊第1弾が登場。本誌連載でもお馴染みの倉本昌弘プロをまるごと特集し、スコアアップへのアドバイスを様々な角度から展開する。

書斎のゴルフ vol.4

10周年をむかえた伝統あるゴルフ誌の新装刊4号目。盛り上がる秋のツアー終盤を迎え、ますます内容充実。今号は丸山茂樹、樋口久子、宮里藍のメンタルトレーニングを大特集。

書斎のゴルフ vol.3

10周年をむかえた伝統あるゴルフ誌の新装刊3号目。夏のハイシーズンをむかえ、ますます内容充実。脂の乗り切ったトッププロ今田竜二と深堀圭一郎を大特集。新連載・宮里聖志のピンポイントレッスン「ゴルフ宮里流」も開始。

書斎のゴルフ vol.2

10周年をむかえた伝統あるゴルフ誌の新装刊2号目。春のゴルフシーズンをむかえ、ますますパワーアップ。2008年に大活躍した石川遼、古閑美保の両名が登場します。