ジャンル > ビジネス実務・スキル | 

ワークショップ・デザイン
―知をつむぐ対話の場づくり―

堀公俊 、加藤彰 著

定価(本体2,000円 +税)

A5判 並製 240 ページ
978-4-532-31403-3
2008年6月発売

参加型研修やビジョンづくり、組織変革など、ビジネスでも活用が広がるワークショップ。メンバー選定、場の設定、プログラムなど、入念な準備が成果の決め手だ。企画・運営の基本スキルを、実践例とともに紹介。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

ビジネス分野におけるワークショップの企画・運営を実践的に解説したはじめての本。17種類のワークショップ企画書など、使えるコンテンツが満載。

目次

まえがき

第1章<導入編>いまワークショップが熱い!
 1 ワークショップとは?
 2 ワークショップの3つの要素
 3 ワークショップをデザインする

第2章<基礎編>ワークショップをデザインしてみよう
 1 ワークショップを企画する
 2 プログラムの基本方針を決める
   2-1 プログラムの構成
   2-2 プログラムの基本型を覚えよう
 3 プログラムをデザインする
   3-1 セッションの狙いを定める
   3-2 アクティビティを使いこなす
   3-3 テーマ(問い)を組み立てる
   3-4 アクティビティにふさわしい場をつくる
 4 ワークショップの開催準備をする

第3章<技術編>アクティビティを使いこなそう!
 1 場を温める
   1-1 気持ちをほぐす
   1-2 頭をほぐす 
 2 資源を引き出す
   2-1 考えを引き出す
   2-2 疑似体験をする
   2-3 実体験をする
 3 話し合う
   3-1 考えを広げる
   3-2 考えを深め合う
   3-3 多様な視点で考える
 4 つくりあげる
   4-1 話し合いをまとめる
   4-2 制作する
 5 分かち合う
   5-1 成果を共有する
   5-2 活動を振り返る

第4章<実践編>さまざまな場面で実践してみよう!
 1 課題を発見する
 2 業務を改善する
 3 新しい商品を企画する
 4 新しい経営手法の導入を促進する
 5 部門横断的な問題を解決する
 6 チームの力を高める
 7 部門のビジョンを定める
 8 全国組織の結束を高める
 9 イベントを企画する
 10 地域住民と合意を形成する
 11 リーダーシップを開発する
 12 特定の技能を修得する
 13 社会的スキルを学ぶ
 14 自分のキャリアを考える
 15 職場の問題を語り合う
 16 M&A後のチーム・ビルディング
 17 問題解決型研修

第5章<研究編>ワークショップはつくり込みで決まる!
 1 どうやってプログラムをつくり込むのか?
 2 つくり込みプロセスを探る
   2-1 事前にプログラムをデザインする
   2-2 実施しながら改善を加える
   2-3 事後にプログラムを練り直す
 3 気をつけよう、10の落とし穴

第6章<熟達編>ワークショップ・デザインの力を高める
 1 プログラムを引き立てる隠し味
 2 テーマ〜問いの日本語を練り上げる
 3 デザイン力を高めるトレーニング
 4 ファシリテーターの姿勢と心構え

ブックガイド
あとがき
技法索引
事項索引


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: