ジャンル > 流通・マーケティング | 

セブン-イレブン 覇者の奥義

田中陽 著

定価(本体1,600円 +税)

四六判 上製 292 ページ
978-4-532-31245-9
2006年4月発売
品切重版未定

愚直なまでの「革新」によってコンビニという業態を築き上げたセブンイレブンはどこまで強いのか。独自商品開発やFCの指導現場、セブン銀行の独自戦略まで、ベテラン流通記者による渾身の書き下ろし。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

目次

はじめに

序章 セブン-イレブンが流通再編を加速させる

第1章 経営の根幹にあるフランチャイズという理念

第2章 秘密の商品開発部隊NDF

第3章 セブン-イレブン誕生

第4章 常識破りの物流改革

第5章 直接対話へのこだわり

第6章 現場発想の情報システム

第7章 店舗・什器の終わらない革命

第8章 コンビニバンク 銀行の常識を超える

第9章 本家救済、米国の流通も変える

おわりに

参考文献
セブン-イレブンの沿革


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: