日経文庫 日経文庫は毎月17日頃の発売です

日経文庫とは

第一級の著者が、最新の知識を、やさしく、コンパクトに、しかも低価格で提供し、ビジネスパースンをサポート。新書サイズの日経文庫のほか、基本の基本を解説したベーシック版、キーワードを図解したビジュアル版、人気アナリストによる業界研究シリーズなど、300以上のタイトルをそろえ、読者の幅広いニー ズにお応えします。

編集部より

バックナンバー

 日経文庫の1月新刊は、『コーポレートファイナンス入門 〈第2版〉』です。2004年に刊行した初版は累計5万部を超えるロングセラーとなり、「新書サイズの本ではベスト」「同業者が見て最高の入門書」と高い評価をいただいてきました。

 コーポレートファイナンスは、お金をどこから調達し、どこに使うかを考えることで経営の効率性と収益性を高め、企業価値向上を目指します。本書では数式を最小限の簡単なものにとどめ、キャッシュフロー、現在価値、資本コストなどのキーワードがしっかり理解できます。

 今回の改訂にあたっては、わかりやすさを損なうことなく、コーポレートガバナンス強化の潮流のなかでコーポレートファイナンスの考え方がより重視されるようになったことや、株式評価・企業価値評価など新しい項目を盛り込みました。
財務、金融、投資、コンサルティングなどの仕事のスキルを磨きたい人はもちろん、公認会計士や中小企業診断士の資格取得を目指す人にもおすすめです。

 日経文庫の兄弟書、『戦略的コーポレートファイナンス』は、企業の経営や戦略に具体的にどのように生かされているかというアプローチの入門書で、両方読めば考え方と実務の双方向から理解を深めることができます。

 日経文庫は2017年も、ビジネスパーソンの強い味方となる本をどんどん刊行してまいります。ご期待ください。