日経文庫 日経文庫は毎月17日頃の発売です

日経文庫とは

第一級の著者が、最新の知識を、やさしく、コンパクトに、しかも低価格で提供し、ビジネスパースンをサポート。新書サイズの日経文庫のほか、基本の基本を解説したベーシック版、キーワードを図解したビジュアル版、人気アナリストによる業界研究シリーズなど、300以上のタイトルをそろえ、読者の幅広いニー ズにお応えします。

編集部より

バックナンバー

日経文庫6月新刊の1冊目は、『ビジュアル 図でわかる経済学』です。

「都会のコーヒーはなぜ高い?」「どうしたら失業はなくせるの?」など身近な話題を題材に、見開き2ページで1項目を解説します選ばれた65項目は、経済学を学ぶ人ならば必ず知っておいてほしいものばかりです。そのほか、本文の理解度を高めるためのQ&Aやブックガイドを掲載するなど、様々な工夫がされています。この本を読んだあとには、『はじめての経済学(上)』 『はじめての経済学(下)』などを読むとさらに理解が深まります。

2冊目は、『フェア・ディスクロージャー・ルール』です。

金融商品取引法の改正で導入が決まったルールです。投資家の投資判断に重要な影響を及ぼす未公表情報を、特定の人に漏らすことを禁じたルールです。投資する人に情報の格差があっては、フェアな投資にはなりません。本書では、海外の例なども盛り込みながら、うっかりルールに抵触することがないよう、解説していきます。ただ、投資家との対話が企業にとって重要であることは何らかわりがありません。このあたりは『コーポレートガバナンス・コード』なども参考にしてほしいと思います。

6月3冊目は、『管理会計入門<第2版>』です。

1999年に第1版を出版したのですが、好評のため約18年ぶりに改訂しました。会計学を学んでも、それを実際の会社経営に生かせなければ意味がありません。製品・サービス別のコスト管理や改善、管理者の業績評価などに有用です。第1版よりページ数が増え、盛りだくさんの内容になりましたが、近年のグローバル競争の激化や組織多様化に対応して新しいものに様変わりしました。『財務諸表の見方<第12版>』 『会計学入門<第4版>』などもあわせて読むと、さらに会計に強くなります。