日経文庫 日経文庫は毎月17日頃の発売です

日経文庫とは

第一級の著者が、最新の知識を、やさしく、コンパクトに、しかも低価格で提供し、ビジネスパースンをサポート。新書サイズの日経文庫のほか、基本の基本を解説したベーシック版、キーワードを図解したビジュアル版、人気アナリストによる業界研究シリーズなど、300以上のタイトルをそろえ、読者の幅広いニー ズにお応えします。

これからでる本

RSS

03月28日発売 AI(人工知能)まるわかり 古明地正俊  、 長谷佳明  著

編集部より

バックナンバー

 3月の日経文庫新刊の1冊目は『キャリアアップのための戦略論』です。マネジメント、競争戦略、マーケティングなどの手法を、企業組織ではなく自分自身に応用し、キャリアデザインや仕事の進め方に役立てようというユニークな解説書です。  コンサルタントとして活躍しながら、数々のビジネススクールで教鞭を執り、『本質思考』などの話題作を執筆してきた著者が、自身の体験や具体例をあげながらわかりやすく解説します。  ポジショニング、5フォース、4P、見える化、PDCA、ブルーオーシャン戦略など、主要なマネジメント手法の基本と活かし方がわかります。  自分のキャリアについて、フレームワークなどを用いて戦略的に考えたい、若手から中堅にかけてのビジネスパーソンにおすすめです。2010年に刊行した『売れる「じぶん」を作る』を改題し、日経文庫化しました。  著者が執筆した日経文庫『ビジュアル ロジカル・シンキング』 『成果を生む事業計画のつくり方』(いずれも共著)も好評です。  2冊目は、『AI(人工知能)まるわかり』(3月28日発売予定)です。本書は、ビジネス、生活を一変させるAI(人工知能)の全体像とインパクトを、コンパクトに解説する入門書です。  著者たちは、野村総合研究所で同分野の調査・研究にあたっているエキスパート。AIをビジネスとして活用する最前線で活躍しています。  「AIとは何か」より始まり、Siriやグーグルカーなど最先端の技術・サービスを紹介。金融・サービス・物流・医療といった各分野へのインパクト、AIを通して日本が進むべき道まで、幅広く理解できる内容となっています。  AIの導入による変革に取り組むビジネスパーソン、IT業界に関わる人はもちろん、AIの技術やその社会的インパクトに興味を持つ一般の人にとっても、わかりやすい入門書です。  日経文庫では、『IoTまるわかり』 『フィンテック』など最新技術をわかりやすくビジネスパーソン向けに解説した本が好評です。