ジャンル > ノンフィクション |  ジャンル > スポーツ・趣味・実用 | 

究極の田んぼ
―耕さず肥料も農薬も使わない農業―

岩澤信夫 著

定価(本体1,500円 +税)

四六判 並製 216 ページ
978-4-532-49088-1
2010年4月発売

怠け者、変わり者と笑われながら、長年の試行錯誤と工夫の積み重ねによって、田んぼを耕さず、農薬も肥料も使わずに多収穫のイネを作ることに成功した男の物語。地球と人と生きものに優しい市民農園・村おこし構想を提言!

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

著者は、本書で紹介する農法を確立、全国の農家に教えて普及させた功績を認められ、2008年に第42回吉川英治文化賞を受賞しています。

目次

はじめに

第1章 思い違いの農業
第2章 大冷害の教訓
第3章 生きものの偉大な力
第4章 田んぼの驚くべき浄水能力
第5章 コメつくりの技術開発物語
第6章 自然と折り合う農業
第7章 田んぼの市民農園制度を

編集者より

著者岩澤信夫氏は千葉県の農業研究家です。最近はコメのほか、大豆の自然農法にも取り組んでいます。この本は怠け者、変わり者と笑われながら、約30年間の試行錯誤と工夫の積み重ねによって、田んぼを耕さず、農薬も肥料も使わずに、多収穫のイネを作ることに成功した一人の男(著者)の物語です。

耕さない硬い土がイネを強くし、冬にも田んぼに水を張っておくことでイトミミズが繁殖し、その排泄物が雑草を抑制し、豊かな肥料にもなってくれます。冷害に強く、メダカや赤とんぼ、カエルなど生き物が集まる自然豊かな田んぼになります。

著者はこの農法を全国に普及させ、環境再生農業を提唱した功績により、2008年に吉川英治文化賞を受賞しました。また、この本には、イネ作りだけでなく、ミツバチがいなくなった謎や有機栽培に潜む危険性など最近の農業の話題も盛り込みました。読んで後悔しない、おすすめの一冊です。


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: