ジャンル > 経済・金融 | 

世界経済 大いなる収斂
―ITがもたらす新次元のグローバリゼーション―

リチャード・ボールドウィン 著/遠藤真美 訳

定価(本体3,500円 +税)

四六判 上製 400 ページ
978-4-532-35763-4
2018年2月発売

モノの移動からアイデア、人そのものが移動する時代へ。これまでの常識、政策が通じない、世界経済の大収斂を展望する。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

〇情報通信技術は世界の姿を一変させ、さらにグローバル化は進む。保護主義は時代錯誤だ。貿易ではなく、知識のフローの変化こそが重要なのだ。いまこそグローバル化の真実に目覚める時だ――。本格派国際経済学者が放つ話題の書。

〇人類史上のグローバル化の歴史を整理し、産業革命以前を「グローバル化前史」、産業革命以降、1990年以前を「オールド・グローバリゼーション」、90年代以降を「ニュー・グローバリゼーション」と名づける。産業革命以降のグローバル化により、先進国と新興国という「大いなる分岐」が進んだ。しかし、90年代以降のコミュニケーション技術の進歩により、モノ、アイデアの移動の制約が著しくなくなり、グローバル・バリューチェーン革命により、グローバル化の質が大きく変化、世界の富の分布が変わり、G7諸国と一握りの新興国との経済は収斂しつつあると論じる。そして、さらなる情報テクノロジーの進歩により、ヒトの移動さえ制約が解消されるグローバル化の未来を大胆に展望します。

〇最新の国際経済学の研究をもとに、収斂が進むグローバル化のリアルな姿を、豊富なデータ、日本をはじめとする各国の経験をもとに説得力豊かに描き出します。また、従来の比較優位理論や貿易政策・産業政策はもはや有効ではない、と説きます。世界の現実を理解するうえで欠かせない必読書です。

目次

序 章

  第吃堯.哀蹇璽丱螢次璽轡腑鵑猟垢の鮖砲鬚兇辰反兇衒屬
第1章 人類の拡散と第一のバンドリング

第2章 蒸気革命とグローバリゼーションの第一のアンバンドリング

第3章 ICTとグローバリゼーションの第二のアンバンドリング

  第局堯.哀蹇璽丱螢次璽轡腑鵑離淵薀謄ブを拡張する
第4章 グローバリゼーションの三段階制約論

第5章 何が本当に新しいのか

  第敬堯.哀蹇璽丱螢次璽轡腑鵑諒儔修鯑匹濂鬚
第6章 グローバリゼーション経済学の基礎

第7章 グローバリゼーションのインパクト その変化を解き明かす

  第孤堯,覆爾修譴重要なのか
第8章 G7のグローバリゼーション政策を見直す

第9章 開発政策を見直す

  第紘堯〔ね茲鮓据える
第10章 グローバリゼーションの未来


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: