ジャンル > 経営一般 | 

大予測 次に来るキーテクノロジー2018-2019

城田真琴 著

定価(本体1,600円 +税)

四六判 並製 352 ページ
978-4-532-32194-9
2018年1月発売

AIは人を代替できるのか。ロボットは人口減社会を救えるか─野村総研のアナリストが先端技術で実現する未来社会を先読みする。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

未来予測に定評のある
野村総研のアナリストが
先端テクノロジーが与えるインパクトを先読み!

【本書で取り上げられる主なテーマ】
・AI(人工知能)はホワイトカラー業務をこなせるか?
・自動運転で激変するバリューチェーンと自動車関連ビジネスの未来
・進化する音声操作、「ボイス・ファースト」の時代がやってくる
・チャットボットがポータル、検索エンジンの次のウェブの玄関になる
・VR/AR/MRはキャズムを越え「ポスト・スマホ」になれるか
・バイオメトリクス認証は生活をどう変えるのか
・センシングはモノから人へ。「究極のおもてなし」は実現するか
・ブロックチェーンの「使いどころ」を考える

目次

第1章 人工知能はホワイトカラー業務をこなせるか

第2章 自動運転で激変する自動車業界の未来

第3章 音声操作はインターフェースの覇権を握るか

第4章 チャットボットがウェブの「次の玄関」に

第5章 「ポスト・スマホ」を狙うVR・AR・MR

第6章 バイオメトリクス認証で生活はどう変わるのか

第7章 センシングで実現する究極のおもてなし

第8章 ブロックチェーンが示す中央集権型システムの終焉


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: