ジャンル > 経営一般 | 

ROIC経営
―稼ぐ力の創造と戦略的対話―

KPMG FAS 、 あずさ監査法人 編

定価(本体2,000円 +税)

A5判 並製 196 ページ
978-4-532-32185-7
2017年11月20日発売予定

企業価値向上の本質は投下した資本に対する事業のリターン=ROICを高めることにある。実践的なコーポレートガバナンス改革を解説。

おすすめポイント

稼ぐ力を高め、投資家の期待に応えるための切り札!
ROIC(ロイック)を通じたコーポレートガバナンス改革を解説

いま、企業視点の指標である「投下資本利益率(ROIC)」が注目されている。事業資産からどれだけ効率的に本業の利益を生み出しているかを測定するROICは、企業の稼ぐ力を判断するには最適な指標だといえる。

本書は、ROICの現場展開を通じて資本生産性の向上を図る、コーポレートガバナンス改革を解説する。

目次

第1章 機関投資家の資本生産性改善に対する期待

第2章 ROIC活用の必要性

第3章 ROICの導入に関する論点

第4章 ROIC経営による企業価値向上

第5章 資本生産性指標とバランスシートマネジメント

第6章 投資家との対話と企業価値に関する説明力の強化


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: