ジャンル > ビジネス実務・スキル | 

週イチ・30分の習慣でよみがえる職場

重光直之 、片岡裕司 、小森谷浩志 著

定価(本体1,500円 +税)

四六判 並製 272 ページ
978-4-532-32181-9
2017年11月発売

経営学の権威・ミンツバーグ教授が開発した悩めるマネジャーを救う、強力メソッドを解説。富士通グループ、ニチバン等の企業事例も収録。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

ミンツバーグ教授が開発!
世界20カ国以上!
国内3600人超のマネジャーが効果を実感!

●「チームがまとまらない」
「みんなが自主的に動いてくれない」
「職場で孤独感を覚える」
……そんな悩めるマネジャーのための強力メソッドがある。
本書で紹介する「マネハプ」だ。

●「マネハプ(マネジメントハプニングス)」とは、
経営学の権威(グル)、
ヘンリー・ミンツバーグ教授が開発した
人材育成プログラム「リフレクションラウンドテーブル」の中核となる手法。

●このプログラムは世界でも広がりを見せて、
今では世界20カ国以上に展開されている。
日本でも、全国5万人の人事キーパーソンが選ぶ
「HRアワード」教育・研修部門で最優秀賞を受賞するなど、
効果の高さには定評がある(第1回「プロフェッショナル部門」)。

●毎週1回、同僚たちとその週に職場で起こった出来事を振り返って(内省)、
互いに語り合う(対話)。
このシンプルな習慣を実践していくと、
職場での関係性がよみがえってくる。
結果、ストレスが減り、働きがいが向上し、
組織のパフォーマンスもあがっていく……
これが「マネハプ」を軸にした組織の変容サイクルだ。

●本書は、「マネハプ」の意義、効果から、
実際の進め方までを丁寧に解説。
事例編では、ニチバン、富士通研究所、立川市役所、
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリなど、
6つの先進事例を紹介している。

目次

序 章 「あきらめ職場」が動き出す

第1章 整理する――職場を変える第一歩

第2章 最初のひとりに話してみる――共感する仲間と対話して内省を深める

第3章 同じ階層で語り合う――仲間を増やし、習慣化する

第4章 職場でも広めてみる――職場全体でマネハブを始める

第5章 6つの先進事例に学ぶ

第6章 さらなる成長に向けて――組織成果につなげていく


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: