ジャンル > 経営一般 | 

アサヒビール 30年目の逆襲

永井隆 著

定価(本体1,500円 +税)

四六判 並製 224 ページ
978-4-532-32145-1
2017年4月発売

会社の「聖域」を壊せ! 「スーパードライ」依存の会社はなぜ変わることができたのか。開発、マーケ、営業、トップ―全社一丸の大変革を実録!

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

■2016年も、ビール類市場でシェアNo.1となったアサヒビール。主力商品の「スーパードライ」は、1987年の発売以来ドライビールの先駆けとして盤石の地位を誇り、長らく不動のトップだった。
しかしこれは同時に、アサヒが30年間たった一つのヒット商品に依存し続けてしまったことも意味している。

■80年代半ば、アサヒは経営破綻の危機に直面していた。これを救ったのがスーパードライの大ヒットで、01年にはついに半世紀近く業界トップだったキリンを抜いてリーディングカンパニーとなる。

ところが、スーパードライはアサヒにとっての「聖域」になっていった。経営資源の多くはスーパードライのみに集中してしまい、このためか、競争が激しいビール類市場の首位でありながら、30年近くもめぼしい新規ヒット商品がないという事態に陥っていたのである。

■しかし、少子高齢化が急速に進み、酒類をめぐる市場環境も縮小するなかで、アサヒはいま大規模な変革を進めている。ビールからRTD、スピリッツ、ワインまであらゆる分野で新商品を打ち出し、全社一丸となって、「スーパードライ」一辺倒ではない新たな会社に脱皮しようとしているのだ。

本書は、開発や営業からマーケティングの現場まで、さまざまな人のインタビューを豊富に交えながら、その変革の模様を生き生きと描く。
アサヒに限らず、過去の「成功体験」にとらわれ、「聖域」が存在する企業は多い。それらとどのように向き合い、どう乗り越えていけばよいのか、アサヒという一企業を通してそのヒントを提示する。

目次

第1章 立ち上がった猊蕕姥き瓩燭

第2章 負けながら強くなる−−「夕日ビール」時代を超えて

第3章 勝ちながら弱くなる−−バケモノ商品の誕生、その功罪

第4章 そして逆襲が始まった

終 章 ヒットとイノベーションは、こうして生まれる


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: