ジャンル > 経営理論 |  ジャンル > 経営一般 | 

イノベーションの新時代

C・K・プラハラード 、M・S・クリシュナン 著/有賀裕子 訳

定価(本体2,000円 +税)

四六判 上製 360 ページ
978-4-532-31456-9
2009年6月発売

「世界で最も影響力のある企業戦略論の思想家」プラハラード教授の最新作。国際競争やビジネス環境の変化が起きている今、競争力維持に必要なイノベーションを起こす方法を、豊富な実例を踏まえて解説した話題作。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

世界的ビジネス思想家の最新作!
いまや企業戦略論の第一人者となった注目の著者の最新作で、学生から経営幹部まで、幅広い方にオススメしたい一冊です。

目次

はじめに
本書の構成

第1章 ビジネスの変容
第2章 業務プロセス――イノベーション実現のカギ
第3章 分析――イノベーションへのひらめき
第4章 ITの重要性――イノベーションを支える技術基盤
第5章 組織面のレガシー――価値創造を阻むもの
第6章 柔軟性と効率性を両立させる
第7章 人材を臨機応変に配置する
第8章 マネジャーの課題――イノベーションの本質に目を向けよ

謝辞
訳者あとがき
原注
索引

編集者より

21世紀のスタンダードとなる企業戦略論! イギリス《タイムズ》紙が選出する「世界で最も影響力のあるビジネス思想家」第1位。世界的大ベストセラー『コア・コンピタンス経営』のプラハラード教授の最新作がついに登場です。

「企業が製品を作り、顧客に売る」という企業中心、製品中心の従来型発想では、21世紀は生き残れない、と著者は言います。デジタル化、通信環境の整備、グローバル化がもたらした大変革が「商品」の意味と価値創造のあり方、そして企業の存在価値を激変させてしまったからです。

いま消費者が求めているのは「商品」ではなく、ひとりひとりの顧客に合わせた「経験」と、企業と価値を「共創」することを求めているのです。そして、この消費者の要求に応えるべく、企業は社内外・国境を超えて存在するグローバルな資源を利用し、他企業と進んで協業しなければなりません。

本書は、アップル、UPS、ウォルマート、グーグル、ブリヂストン、NTTドコモといった先進国企業から、中国のレノボ、インドのインフォシスなど新興国企業まで豊富な実例を用いて、21世紀の企業戦略論を解説します。

(翻訳出版部 金 東洋)


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: