ジャンル > 法律・法務 | 

内部統制とは、こういうことだったのか

國廣正 、小澤徹夫 、五味祐子 著

定価(本体1,600円 +税)

四六判 並製 296 ページ
978-4-532-31317-3
2007年3月発売

「業務手順の文書化(IT化)」で企業は混乱を極めています。今進めている作業は、本当に法律が求めるものなのでしょうか? 実務経験豊かな弁護士が“自分のアタマで考える内部統制”を教授します。読んでナットク!

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

目次

第1章 問題な内部統制

第2章 リスク管理について考える

第3章 内部統制を会社法から考えてみよう

第4章 取締役の内部統制についての責任を理解する

第5章 どこまでやるのか金融商品取引法対応

第6章 物語でみる内部統制の実務

索引


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: