ジャンル > 法律・法務 | 

コンプライアンスのための内部通報制度
―「公益通報者保護法」が求めるリスク管理実務―

國廣正 、五味祐子 、青木正賢 、芝昭彦 著

定価(本体2,800円 +税)

A5判 並製 312 ページ
978-4-532-31277-0
2006年3月発売

「公益通報者保護法」の企業向け実践マニュアル。内部告発しても解雇等の不利益処分されない内部告発者保護制度と運用を、わかりやすく解説します。企業のリスク管理を数多く手がける著者にしか書けないノウハウを大胆に提示する。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

目次

第1章 内部告発から内部通報制度へ
 1 内部告発の実態と企業のあるべき受け止め方
 2 コンプライアンスと内部告発―内部告発から内部通報へ―
 3 公益通報者保護法と内部通報制度
 4 内部統制システムの一環としての内部通報制度
 5 有効に機能する内部通報制度の効用

第2章 公益通報者保護法の解説
 1 立法の経緯および本法の概要
 2 趣旨・目的(第1条)
 3
 「公益通報」・「公益通報者」の定義(第2条1項、2項)
 4 通報対象事実について(第2条3項)
 5 通報者の保護内容(第3条本文、第4条、第5条)  他

第3章 法令・裁判例上の内部告発の評価
 1 概要
 2 公益通報に該当する内部告発の法的評価
 3 公益通報者保護法では保護されない内部告発の法的評価
 4 刑事責任について
 5 まとめ

第4章 内部通報制度についての基本的な考え方
 1 企業における内部通報制度の位置づけ
 2 公益通報者保護法との関係
 3 内部通報制度の構築・運用における基本的留意事項

第5章 内部通報制度構築の実務
 1 内部通報担当部署の会社組織上の位置づけ
 2 利用者の範囲
 3 通報の対象
 4 通報手段
 5 通報者保護  他

第6章 内部通報制度運用の実務
 1 受付段階の実務
 2 調査段階の実務
 3 是正措置と再発防止の実務
 4 通報者へのフォロー
 5 内部通報制度の周知徹底  他

第7章 諸外国における内部告発者保護法制
 1 諸外国における告発者保護制度

巻末資料
参考文献
索引


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: