幕末維新 消された歴史
―武士の言い分 江戸っ子の言い分―

安藤優一郎 著

定価(本体850円 +税)

A6判 並製 304 ページ
978-4-532-28037-6
2014年5月発売

正史では権力を握った側に都合の悪い事実は抹消される! 倒幕を巡る薩長内部の不協和音、会津藩の悲劇、雄藩の思惑――資料を丹念に辿り、正史では語られることのなかった敗者の歴史から幕末維新の実像を描く。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

現存する手紙や日記などの文献を丁寧につなぎ合わせ、薩摩藩における西郷・大久保の立ち位置、一橋慶喜・会津藩・桑名藩にあった意見のきしみや不信感、大政奉還や王政復古の流れにおける諸藩の動きが倒幕派や幕府側にどう影響したか―など「教科書」には書かれることのなかった幕末の歴史を多視点から解説します。

目次

プロローグ

第1章 坂本龍馬と薩長同盟

第2章 大政奉還の内実

第3章 王政復古の裏側

第4章 戊辰戦争の真相

エピローグ

関連年表


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: