健康診断という「病」

亀田高志 著

定価(本体850円 +税)

新書判 並製 224 ページ
978-4-532-26359-1
2017年11月発売

直前の節制が不幸を招く? ストレスチェックでわかるのは会社のブラック度? 元産業医が明かす、「残念な職場の健康管理」の実態。

ダウンロード 「1版1刷 お知らせ」と「注釈」
/161.24Kb

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

「直前の禁酒がリスクを増大?」
「ストレスチェックでわかるのは、会社のブラック度! ?」
「がんは見つけられない?」
「大人になっても、なぜ毎年身長を測るのか」――。
元産業医が明かす、残念な「職場の健康管理」。

本書は、20年以上前から産業医として勤務した著者が、現場で直面した様々なエピソードを交えながら、多くのビジネスパーソンが抱く疑問に答えつつ、効果的な健診結果やストレスチェックの使い方、個人で最低限受けるべき検診などを解説し、働く人にとっての真の健康やエピソードを紹介します。

定期健康診断の直前にあわててお酒を控えたり、炭水化物を減らしたり、腹囲を測定する瞬間にお腹を引っ込める人もいます。しかし、毎年こんなことを繰り返しても、残念ながら健康につながる効果はありません。職場の定期健診などの健康管理は、必ずしも働く人を守ってはくれないのです。そのような環境の中で、いかにして自身の健康を守っていくのかを知っていただくことが、本書の目的です。――「まえがき」より

目次

第1章 「残念な健康診断」の実態

第2章 職場でなぜがん検診が受けられないのか

第3章 職場の健康管理は何が問題なのか

第4章 ストレスチェックで分かる会社のブラック度

第5章 会社の健康度は、メンタル不調で分かる

第6章 期待できる健康管理は、どうやってつくるか


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: