先生も知らない経済の世界史

玉木俊明 著

定価(本体850円 +税)

新書判 並製 208 ページ
978-4-532-26355-3
2017年9月発売

ヨーロッパは後進地域だった、秦と漢は改革で経済成長を実現、強国プロイセンがヘゲモニー国家になれなかった理由――。学校では教えてくれない本当の話が満載。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

「アジアは後進地域で、産業革命でヨーロッパにさらに差をつけられた」--。日本で教えられている経済史の多くはこのマルクスの考えに基づいています。しかし真実は、かなり長い間、アジアの方が経済的に有利だったのです。ヨーロッパがアジアに売れるものはほとんどなく、アジアから大量の香辛料を輸入することを余儀なくされていました。本書は、世界では通用しなくなった経済の歴史のとらえ方をただし、なぜアジアがヨーロッパに取って代わられ、現在なぜアジアが台頭しているのかを、教科書の古い常識を覆しながら解明します。

目次

第一章 歴史のとらえ方を疑え――教わらなかった成長をめぐる戦い

第二章 「アジアは後進地域」を疑え――教科書のストーリ−を覆す

第三章 「先進地域ヨーロッパ」を疑え――貧しかった辺境はこうして興隆した

第四章 危機と繁栄の近現代


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: