免疫革命 がんが消える日

日本経済新聞社 編

定価(本体830円 +税)

新書判 並製 192 ページ
978-4-532-26331-7
2017年2月発売

がん治療の「最終兵器」か? 一部の患者で末期がんすら消えた話題の免疫治療。効果は? 副作用は? 値段は?――その真相に迫る。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

「これは革命だ」──尽くす手がないと言われた末期がん。
そのがん細胞が小さくなるだけではなく、一部の患者ではがん細胞が消滅する結果が出た。

その新薬は、小野薬品工業とBMSによる免疫薬「オプジーボ」。

14年9月に悪性黒色腫の治療薬として製造販売承認を受け、その対象範囲を徐々に広げている。
肺がん、腎臓がん、血液がんでの適用が認められ、さらに胃がんや食道がんへの適用拡大も予定。
まさに「がん治療の最終兵器」として注目されている。

本書はそのオプジーボを軸に、がん治療の最前線に迫るルポルタージュだ。

誰にでも効果があるのか。
重篤な副作用を招く危険性がある、というのは本当か。
他の治療法と併用して平気なのか。
数千万円という費用は下がるのか。
これからどんな類似薬が登場するのか。

日経の専門記者が、もっとも知りたい疑問に答える!

目次

プロローグ──「余命3カ月」からの生還

第1章 オプジーボの衝撃

第2章 免疫療法のしくみ

第3章 現場発「オプジーボの希望」

第4章 「超」高額薬、オプジーボ

第5章 効果は高い、副作用も重い

第6章 過熱する開発競争、「ポストオプジーボ」は?

エピローグ──がんは永遠に「不治の病」か


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: