龍馬の「人たらし」力

西村克己 著

定価(本体850円 +税)

新書判 並製 264 ページ
978-4-532-26327-0
2017年1月発売

日本史屈指の「人たらし」龍馬の対人スキルを解剖、組織で大仕事を成し遂げるためのヒントを学ぶ。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

権力者たちはなぜ彼に味方したのか?
―― 一介の「脱藩者」が幕末の有力者たちを巻き込み、歴史的な交渉を成し遂げることができた理由とは。
経営コンサルタントが龍馬の足跡をたどり、「混乱の時代に大きな仕事を成功させるヒント」を解明する。

「交渉術」「人脈術」「人心掌握術」「コミュニケーション術」の4つの軸をもとに、
現代の会社員が身につけるべき、龍馬の人たらしのテクニックを解剖。


【本書の目次から】
●龍馬とルフィの共通点
●OK牧場が龍馬を英雄にした!?
●龍馬に人脈力がなければ、大政奉還はなかった
●江戸時代にブーツ姿・・・・・・強烈な第一印象を残した「外見力」
●「エレベーター内の30秒プレゼン」と龍馬の土佐弁の共通点
●相手を味方にする基本は「好意のバーゲンセール」
●なぜギブアンドテイクをよしとしなかったか
●机上の空論で自滅した武市半平太とプレイングマネジャー龍馬の違い

目次

序 章 龍馬はどこがすごかったのか   

第1章 いかにキーパーソンを見つけたか
    人脈術

第2章 身分を超えて相手を味方につける
    人心掌握術

第3章 歴史的な交渉はなぜ成功したのか
    交渉術

第4章 伝え上手が多くの人を動かした
    コミュニケーション術


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: