途上国化する日本

戸堂康之 著

定価(本体850円 +税)

新書判 並製 192 ページ
978-4-532-26103-0
2010年12月発売

もはや日本は先進国ではない! このまま日本経済は衰退し、途上国化してしまうのか? 目覚めざる国内優良企業のグローバル化によって日本経済の強化が可能なことを示す、新進気鋭の研究者による切れ味鋭い改革論!

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

最新の研究成果とデータを駆使し、日本の「脱ガラパゴス化」を提言します。

目次

はじめに
第1章 途上国化する日本経済
第2章 経済が成長するには何が必要か
第3章 企業のグローバル化は経済を成長させる
第4章 グローバル化は産業の空洞化をもたらすか
第5章 グローバル化は世界経済に好循環を呼び込む
第6章 鎖国状態にある日本
第7章 日本の臥龍企業
第8章 臥龍日本が目覚めるための政策提言
おわりに−−日本はグローバル化で再生できる
引用文献


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: