ジャンル > ブルーの本棚(経済・経営) | 

失敗の研究 巨大組織が崩れるとき

金田信一郎 著

定価(本体800円 +税)

A6判 並製 352 ページ
978-4-532-19844-2
2017年12月発売

マクドナルド、ベネッセ、理研―。我が世の春を謳歌した巨大組織が陥った罠とは? 日経ビジネス特ダネ記者が失敗の本質に迫る。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

●なぜ勝ち組から転落したのか
 不敗のビジネスモデルが暗転したマクドナルド、オンリーワンを生かし切れなかった東洋ゴム――。なぜ、巨大組織は行き詰まるのか? 本書は、日経電子版で最も注目されているコーナー「コンフィデンシャル」に掲載された失速事例を元に、失速のメカニズムを解明するもの。これらの記事は、意外な真実と失敗を生み出した因果関係の明快な解説で多くの読者を獲得しています。失敗を生み出す要因として、恐竜化、ムラ化、官僚化、硬直化、複雑化、独裁化、肥満化の7つをあげ、日経ビジネス時代の企業取材の成果も活用し、失敗がなぜ生み出されるのかを活写します。
 本書のスタイルは、日本軍の失敗を解明した名著『失敗の本質』を踏襲。第吃瑤任篭饌療な失速のケースを上げ、第局瑤任修離瓮ニズムを解明します。ビジネスパーソンの失敗事例への関心は高いものがあります。本書は、多くの企業の失速を取材してきた記者によりビジネス版「失敗の本質」である『失敗の研究』(2016年刊、累計1万8000部)を文庫化するもの。本書刊行後もタカタなど巨大組織の失速は繰り返し発生しています。

目次

序 章 「大企業時代」の終焉

第吃堯″造犁霏痢。垢弔亮最圓魏鬚
 1 理研−「科学技術」という名のゼネコン

 2 マクドナルド−3万店のハンバーガー工場

 3 代ゼミ−生徒ゼロの大教室

 4 ベネッセ−巨大名簿会社の虚実

 5 東洋ゴム−肥大化した「ムラ社会」
 
 6 ロッテ−国家またぐ循環出資

 7 三井不動産−マンションの膨張と傾斜

 8 化血研−エイズと背徳の20年

 9 出光−読み違えた航路

第局堯ー最圓侶鷲茵ゝ霏里鮨む6つの病
 1 膨張期

 2 巨体維持期

終 章 大企業の未来


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: