ジャンル > グリーンの本棚(人生・教養) | 

徳川軍団に学ぶ組織論

小和田哲男 監修/造事務所 編著

定価(本体830円 +税)

A6判 並製 256 ページ
978-4-532-19817-6
2017年4月発売

家康の天下獲りを実現させ、幕藩体制の礎となった徳川家臣団とはいかなる組織だったのか。家康を支えた最強軍団に学ぶ。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

◎徳川四天王と呼ばれた本多忠勝、榊原康政、酒井忠次、井伊直政、知将本多正信、服部半蔵こと服部正成など、豪傑たちの活躍、エピソードを紹介しながら、強い組織体の作り方を学びます。

◎徳川家康のリーダーとしての側面を論じた本は数多くありますが、本書はより視点を広げ、家康を支えた徳川家臣団とはどのような組織だったのか、家康と主要メンバーの人となりやエピソードを通じて、強い集団、長期に持続可能な組織について学ぶ歴史読本です。

◎登場する個性豊かな家臣たちは、それぞれが役割や立場を理解し、意思をもって動きました。個々が主君家康との絆で結ばれており、その関係は流動的でドラマティックでした。

◎NHKの大河ドラマ『真田丸』では近藤正臣演じる本多正信、藤岡弘の本多忠勝など、主人公幸村の敵方でありながら、徳川家臣団の活躍にも注目が集まりました。また『おんな城主 直虎』は、井伊直政の養母の物語です。

目次

序 章 苦難を乗り越え醸成された「結束力」

第1章 徳川家康 精強な三河武士を率い、逆境に耐えて天下人に

第2章 本多忠勝 一度も刀傷を負わなかった軍団最強の武将

第3章 井伊直政 先鋒として敵陣に突入した赤備えの猛将

第4章 酒井忠次 主家を支え、家康を育て上げた四天王筆頭

第5章 榊原康政 主君にも堂々と意見した軍団きっての兵法家

第6章 本多正信 信頼のおける相談役として仕える

第7章 服部正成 合戦では忍ぶことなく、八面六臂の大活躍                                                           


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: