LINEで送る

ジャンル > ブルーの本棚(経済・経営) | 

サントリー対キリン

永井隆 著

定価(本体800円 +税)

A6判 並製 320 ページ
978-4-532-19813-8
2017年1月発売

積極的な海外進出をはじめ変革を進めるサントリー、クラフト注力など国内ビール復活のため攻勢に出るキリン。2強を比較分析しながら、酒税改正などで大きく動く酒類・飲料業界の全体像を読み解きます。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

営業、マーケティング、M&A、成長戦略
――業界のすべてがわかる!

世界No.1のバーボン「ジムビーム」を擁する米ビーム社買収、創業家からのトップ交代など、積極的な変革を進めるサントリー、
米名門ブルワリー「ブルックリン・ブルワリー」や、「よなよなエール」手掛ける「ヤッホーブルーイング」との提携をはじめ、クラフトビールや一番搾りへ注力し、国内ビール復活のため新たな攻勢に出るキリン。
前者は「やってみなはれ」の元ベンチャー、後者は「組織力」が強みの財閥系と、その成り立ちや企業風土も対照的です。現場からトップまで幅広い取材に基づき、ヒット商品開発の裏側やビール営業の驚くべき手法、人事の内実などを生き生きと描き出しました。

文庫化にあたり、酒税改正や、ABインベブによるSABミラー買収(世界シェア3割を超える巨大企業の誕生)、それに伴う世界的な業界再編の動きなど、最新の動向を盛り込み、大幅に加筆・再編集。
2社の動向を探りながら、大きく動く酒類・飲料業界の全体像も掴むことができます。

〈本書の内容より〉
・ベンチャー生まれのサントリー、財閥育ちのキリン
・稀代のM&A名手、佐治信忠
・立ち消えたキリン・サントリー統合
・伝説のビアホール「ハートランド」を仕掛けた男
・アサヒスーパードライを倒した「キリン特殊部隊」
・ハイボールブームはどのように生まれたのか
・45年連続赤字を救った「プレモル」
・酒税改正と各社の対策 など

目次

第1章 21世紀のビール・飲料業界

第2章 サントリー−−「やってみなはれ」の元ベンチャー

第3章 キリン−−凋落した巨大企業

第4章 ビール・飲料会社の現場力

最終章 市場の勝敗を決めるもの


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: