ジャンル > 評論・エッセイ・小説 | 

気候で読み解く日本の歴史
―異常気象との攻防1400年―

田家康 著

定価(本体1,800円 +税)

四六判 上製 308 ページ
978-4-532-16880-3
2013年7月発売

長期に及ぶ寒冷化や干ばつが引き起こす飢饉、疫病、戦争―。日本の歴史は気候変動が動かしてきた。律令時代から近代まで、日本人が異常気象にどう立ち向かってきたのかを豊富なエピソードとともに描く異色作。

ご購入は下記ネット書店をご利用ください。

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • TSUTAYA
  • エルパカ

法人・団体様で、税抜き10,000円以上ご購入される場合は
日経ブック&ビデオクラブをご利用ください。

日経ブック&ビデオクラブ

おすすめポイント

気候と文明、歴史の関係について解き明かして好評を博した、『気候文明史』『世界史を変えた異常気象』に続く3冊目です。

目次

プロローグ 太陽活動と火山噴火がもたらす気候変動

第犠蓮(疹覽の光と影
1 万葉の花咲く陰で
2 「祈祷」「税の軽減」「救済米」
3 日本最初の天然痘の流行
4 巨大木造建築ブームによる森林破壊

第蕎蓮^枉鏥ぞ櫃卜ち向かった鎌倉幕府
1 干ばつは平安時代初期も続いた
2 『明月記』が描いた寛喜の飢饉
3 非常時の人身売買を容認した北条泰時

第珪蓮 孱隠械娃闇イベント」という転換期
1 日蓮が記録した天変地異と飢饉
2 寒冷化が可能にした新田義貞の鎌倉攻め
3 農業技術の発展で気候変動に立ち向かう

第絃蓮\鐓譴如崕于圓」した足軽たち
1 経済発展と人口増加の時代
2 太陽活動の低下が招いた「小氷期」
3 火山噴火が多発した40年間
4 北条、上杉、武田――気候が戦国大名を動かした

第江蓮々掌曜詆椶竜臾雲策とその限界
1 戦争は終わった:江戸幕府の天下泰平
2 三大将軍家光、飢饉対策に乗り出す
3 シャクシャインが導いた先住民の一斉蜂起
4 元禄の飢饉と綱吉の失政
5 幕藩体制を揺るがした天明の飢饉
6 江戸幕府を追い詰めた2度の天候不順

エピローグ 
1 気候変動に立ち向かう鍵は何か
2 明治凶作郡と昭和凶作群
3 おわりに

参考文献
人名・事項索引


ご感想をお寄せください

注意事項

  • お寄せいただいたご感想は、小社ホームページ、新聞・雑誌広告等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • お寄せいただいた感想に小社より返信することはできません。お問い合わせ等で返信を希望される場合は「Q&A お問い合わせ」よりお願いいたします。
お名前(ハンドルネーム可):
ご職業:
年齢:
性別:
 
ご感想: